本は寒がり

本を読むのが好きですが、好きなことを綴っていきます。

歴史認識が知ってたいのか

今年のNHKの大河ドラマが視聴率が伸びてない事で話題になっている。
いつも思うのは歴史を知らない人がいつも批判的に言っている人がいますが歴史を学んでいるはずだと思う。

今回は吉田松陰の妹に軸にドラマになっているが学校で学んでるはずだと思っているのです。
しかし、今回の妹が主役になっている事で存在も知らない人が多くいると思っている。

ほとんどの人が松陰の妹の存在を知らなかったかも知れないのです。
最近の大河ドラマは学校の教科書さえ載っていなかった人を取り上げているように見えている。

また、脇役も歴史認識を変えようとしている人物も取り上げているように見えているのです。

2008年の大河ドラマだった「篤姫」も脇役には歴史から抹消された小松帯刀にも注目がされた。
これまでは西郷隆盛や大久保利通が有名だったがこのドラマで「篤姫」と小松帯刀にも注目が出たのです。

今回のドラマでは果たして注目はされたかと思うと難しいと思った。
誰も知らない存在だったのでかなり謎だと思っているのです。

いろんな所からこうした批判をしていますがまずは勉強をやり直す必要もあると思っている。
こうした歴史人物も注目はしてもいいと思っているはずだと思います。