本は寒がり

本を読むのが好きですが、好きなことを綴っていきます。

残り香

少し前4日間ともとても濃い時間を過ごしてきた中で、ずっと一緒にいた片割れがいなくなってしまった喪失感がとても強く、自宅までもずっとしょんぼりしながら帰ってきました。
そんな私を出迎えたのは換気口から流れてきたお風呂場の入浴剤の香り。
恋人さんが貰った物で家にいっぱいあると事前に話していて持ってきてくれていたとちおとめの香りの入浴剤で、この4日間お湯を張った時にはずっと使っていたものでした。
その香りに出迎えられたことと隣に恋人がいないだけで普段よりも妙に広く感じる自分の部屋にまた一気に寂しさが込み上げてきて電車の中とは比べ物にならないくらいぼろぼろ泣いてしまいました。
お風呂のお湯はなんだか流してしまうのももったいなく感じてしまい、なかなか捨てることもできませんでした(その間もずっといい香りがしてたので入浴剤の香りの持続力すごいです)
そして恋人さんの方は4日間枕カバー代わりに使っていたバスタオルの私が頭を置いていた部分に私の匂いが染み付いてたようで、帰ってから荷物開けるとその部分だけ私の匂いがした、と話していて、離れていてもお互いに残り香を感じていたんだな、と思ってちょっと嬉しくなりました。
寂しい寂しい言ってますが今度は会えるのは7ヶ月後、クリスマスと年越しです。
また2週連続会えるのでそれを糧に次会えるまで頑張ろうと思います。